一般社団法人 全国心理業連合会(全心連)

Japanese Organization of Mental Health and Educational Agencies

心理カウンセラーの全国統一資格がうまれました

プロフェッショナル心理カウンセラーの概要をご説明します。

どんな資格ですか?

プロフェッショナル心理カウンセラーは、全心連が公認する心理カウンセラーの全国統一認定資格です。
長年活躍してきた経験豊富な熟練心理カウンセラーや、質の高いカウンセラーを送り出してきた養成スクールの 経営者が一堂に会し、議論に議論を重ね、臨床心理士とは異なる資質をもつ心理カウンセラーの特徴や強みを活かして日本のメンタルサポートをより充実した素 晴らしい未来にしていくための「プロの心理カウンセラーの資格」を定めたのです。

また、プロフェッショナル心理カウンセラーは、

  1. 国家資格レベルの「上級」と、心理カウンセラーとしてのベースラインの「一般」という2種類の資格
  2. 「カウンセリングスキル」「カウンセリング実習」「プロフェッショナル適性」という3つの分野の高い専門性
  3. 社会経験の重視

という3つの理念のもとにうまれました。

詳しくはこちら「心理カウンセラーの統一資格」

▲ページトップへ戻る

どんなステップで学べばいいですか?

これから目指す方は、まず認定教育機関へご相談ください。

現在スクールで学んでいる方や過去に学んだことがある方は、スクールが認定教育機関かどうかによってプロセスが異なります。認定教育機関以外で学ばれている場合は、今まで学んだ心理学、カウンセリング等のカリキュラム一覧、お持ちの資格等をまとめて認定教育機関にご相談ください。履修プログラムの一部としてカウントし、残りの必要なカリキュラムを履修していただくことで受験資格を取得できます。

社会人の方は、人と関わった社会経験(管理職、教職、介護看護関連等)が実習研修の一部としてカウントされる場合がありますので、社会経験一覧をお持ちください。

すでに活動されている心理カウンセラーの方は、専門や経験年数などに応じてプロフェッショナル心理カウンセラー取得の詳細をご案内しておりますので、全心連事務局、もしくは認定教育機関にお問い合わせください。

詳しくはこちら「資格取得のプロセス」

詳しくはこちら「認定教育機関一覧」

▲ページトップへ戻る

どんな専門性が必要ですか?

プロフェッショナル心理カウンセラーは、3つの分野の専門性を重視しています。

  1. カウンセリングスキル教育
    心理学・心理療法という専門知識を学びます。また、知識を身につけるだけではなく、ロールプレイとケーススタディを通して知識を使う訓練を行います。
  2. カウンセリング実習研修
    プロフェッショナル心理カウンセラーは、実践重視の認定資格です。カリキュラムの後半においては、カウンセリングの現場に出かけ、徹底して実際のケースに触れ、カルテリングを行います。
  3. プロフェッショナル適性
    心理カウンセラーとして最も重要な精神と心構えを徹底するために、プロフェッショナル心理カウンセラーのカリキュラムには、プロフェッショナル適性教育というプログラムが含まれます。
    ここでは、カウンセラーに必要な法律等の知識を学ぶと共に、経験豊かな心理カウンセラーとのディスカッション等を通して、心理カウンセラーとしての姿勢や行動規範を学びます。

詳しくはこちら「カリキュラムの詳細」

▲ページトップへ戻る

社会人はどうすればいいですか?

プロフェッショナル心理カウンセラーは、社会経験を重視した資格です。
社会人の方は、人と関わった社会経験(管理職、教職、介護看護関連等)が実習研修の一部としてカウントされる場合がありますので、社会経験一覧をお持ちのうえ、認定教育機関にご相談ください。

詳しくはこちら「資格取得のプロセス」

詳しくはこちら「認定教育機関一覧」

▲ページトップへ戻る

どれぐらいの勉強をどこで学べばいいですか?

プロフェッショナル心理カウンセラーの資格を習得するためには、全心連による統一試験を受けて合格する必要があります。また、試験を受けるためには、全心連認定教育機関に於いて必要な履修プログラムを終了して推薦を受ける必要があります。
「上級」はトータル1280時間、「一般」は242時間の履修プログラムが用意されており、全心連認定教育機関で受講することができます。

詳しくはこちら「カリキュラムの詳細」

詳しくはこちら「認定教育機関一覧」

▲ページトップへ戻る

どんな試験がありますか?

プロフェッショナル心理カウンセラーの資格取得のためには、認定教育機関に於いて必要な履修プログラムを修了し推薦を受けた上で、全心連による資格試験に合格する必要があります。
資格試験は、筆記試験、小論文(上級資格のみ)、および審査員による口頭試問が行われます。

詳しくはこちら「資格付与基準」

詳しくはこちら「認定教育機関一覧」

▲ページトップへ戻る